おだいじになさいませ                  

近影

おひとりずつていねいに、お話を伺います
心とからだ、両方が本当に元気になるために、
リラックスしていただけるようこころがけております
地域の皆様に支えられて20年余りになります

鍼灸はこんな症状によく効きます

【痛みを伴う病気に】
神経痛・腰痛・頭痛・ひざ痛・五十肩

【原因がよくわからない症状に】
肩こり・生理不順・更年期障害・ストレス性の疲労 産前産後
気象病 不妊症(不妊でお悩みの方の体質改善。)加齢による不定愁訴

【病院で治りにくい病気に】
高血圧症・糖尿病・自律神経失調症・慢性の内臓疾患

【そしてうれしい、こんなことにも】
肥満・便秘・不眠症・肌荒れ
各種婦人病 自己免疫疾患の不調

お問合せ 

ご予約優先

0258-39-8919

診療室

各種保険も取扱いしております
症状によっては不適応の場合もあります。
※各種健康保険、労災保険、自賠責保険(交通事故・後遺症)取扱

※当院の使用鍼は、使い捨てで、髪の毛ほどの太さで衛生的です。

まずはご相談下さい


 
わかさ鍼灸院

長岡市幸町1-1-13

月~土 祝

午前9:00.~午前12:00 午後2:00~7:00 (予約は6:00最終受付です)
火 木 午前9:00~12:00(午後休診いたします)
土 午前9:00~午午前12:00 午後1:00~3:00(予約は14:00最終受付です)

休診 日・火曜日木曜日午後  往診応需

Copyright© 2013 wakasa pmc. All Rights Reserved.


はりきゅう わかさ

クリックしてください ⇓

 はり・きゅう わかさ ページへ

開設者 若狭 浩吉

営業時間 火曜日 木曜日 土曜日 15時より18時

所在地 長岡市東坂之上町1-4-3 スカイハイツ4F

案内図 長岡駅より徒歩5分

事前予約制 お越しに丸時は事前にご連絡ください。

0258-39-8919

http://koukichi-wakasa.com/ddd/

スカイハイツ

 東坂之上 スカイハイツ 4F


ギャラリー WA

クリックしてください ⇓

[

営業時間 火曜日 木曜日 土曜日 16時より

所在地 長岡市東坂之上1-4-6 スカイハイツ4F

0258-39-8919


お知らせ

連休診療のご案内4/29-5/8

わかさ鍼灸院幸町本院の日程 4/29 午前診療 4/30 午前診療 5/1 休診 5/2 終日診療 5/3  午前診療 5/4午前診療 5/…

1/8診療 1/9-10休診といたします。

1/8診療 1/9-10休診といたします。

年末年始ご案内2021-2022

12月30日午前診療 12月31日-1月3日休診 1月4日より通常診療


院長ブログ

柿川夜桜閑話 65 千手界隈花あやめ道

柿川夜桜閑話 65 千手界隈花あやめ道 観音さまの牡丹が終わりツツジも盛りを過ぎようとしています。 柿川端から千手三叉路にかけてはあやめの時…

柿川夜桜閑話  64  名花傾国

柿川夜桜閑話  64  名花傾国 観音さまでは牡丹が盛りを過ぎようとしています。 少し散りはじめていましたがそれはそれで・・・ 中国の詩人で…

柿川夜桜閑話 63  ようやく迎えた成人式

柿川夜桜閑話 63  新成人 昨日アオーレ長岡には昨年度20歳を迎えた成人式が開催されました。 去年開催される予定でしたが、新型コロナウイル…

季節の養生 時季の健康アドバイス

季節の養生 1 カゼの後養生

季節の養生 1 カゼの後養生 昨日の勉強会でカゼの後養生の講義となった。 カゼをひいて発汗し体力が消耗したが治りがけとなった。 胃が冷えて胸…

梅雨のだるさに良い食べ物 ハトムギ

ハトムギには、水分代謝を能くしよぶんな熱や停滞を去り疲労を回復します。 梅雨の諸症状に効果的です。 利用法はこちらhttp://koukic…

春の養生

春の養生 古典による養生 素問 四季調神大論 春三月、此謂発陳。天地倶生、万物以栄。夜臥早起、広歩於庭、被髮緩形、以使志(こころざし)生。 …

鍼灸師のお仕事

妊娠と鍼灸

  妊娠中に治療の要点 痛みや体の不調はそれだけで母体のストレスとなり同時に胎児のストレスともなります。 これは当然胎児にとっても…

鍼灸師のお仕事 No.6 「生理不順」

鍼灸師のお仕事 6 主訴:生理不順   生理前にイライラ・不眠・落ち込み・急に泣き出す・足腰が冷える。   生理痛も酷く…

鍼灸師のお仕事 14 産後の頭痛 2

鍼灸師のお仕事 14 産後の血暈 2 産後10年前よりめまい頭痛である。 起こり醒めがあるが続いている。頭に輪をかけたように痛む。肩こり。 …


施術の流れ

1)問診表にご記入
差し支えないところまでご記入ください。このときにご自分の体についてもご記入ください。
治療についてのご質問などは遠慮なくお申し出下さい。
どうしても針やお灸が怖い・抵抗がある方はお申し出下さい。

2)お着替え
はり治療の場合は患部の皮膚を出していただく必要があります。
肩や腰への施術の場合、男性の方は迷わず脱いでいただいておりますが、
女性の方はキャミソールやタンクトップ・ジャージなど、
首・肩・背中・膝が出しやすい服装をご用意下さい。

肘や膝から下をお出し頂き、ウエストを緩めたリラックスした状態で施術を始めさせて頂きます。

3)お体についてのチェック
実際にお話を伺い、動きに対してどのような痛みや違和感、ハリがでるのかをお聞きします。

東洋医学では脈診や腹診といった独特の診断方法があります。
両手やお腹を拝見させていただきます。

4)施術
一般的には、仰向けになっていただいてから、うつ伏せになり、全身に施術します。
症状を治療するポイントは、患部以外にも多いからです。

使用する針は、滅菌消毒済みの新品の針です。
針の太さは、0.16ミリ。髪の毛(約0.8ミリ)よりも細いです。

針を刺すときは、全く痛みを感じないことが多いです。
少しチクッとすることもありますが、採血よりは痛くないです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加