おだいじになさいませ                  

近影

おひとりずつていねいに、お話を伺います
心とからだ、両方が本当に元気になるために、
リラックスしていただけるようこころがけております
地域の皆様に支えられて20年余りになります

鍼灸はこんな症状によく効きます

【痛みを伴う病気に】
神経痛・腰痛・頭痛・ひざ痛・五十肩

【原因がよくわからない症状に】
肩こり・生理不順・更年期障害・ストレス性の疲労 産前産後
気象病 不妊症(不妊でお悩みの方の体質改善。)加齢による不定愁訴

【病院で治りにくい病気に】
高血圧症・糖尿病・自律神経失調症・慢性の内臓疾患

【そしてうれしい、こんなことにも】
肥満・便秘・不眠症・肌荒れ
各種婦人病 自己免疫疾患の不調

お問合せ 

ご予約優先

0258-39-8919

診療室

各種保険も取扱いしております
症状によっては不適応の場合もあります。
※各種健康保険、労災保険、自賠責保険(交通事故・後遺症)取扱

※当院の使用鍼は、使い捨てで、髪の毛ほどの太さで衛生的です。

まずはご相談下さい


 
わかさ鍼灸院

長岡市幸町1-1-13

月~土 祝

午前9:00.~午前12:00 午後2:00~7:00 (予約は6:00最終受付です)
火 木 午前9:00~12:00(午後休診いたします)
土 午前9:00~午午前12:00 午後1:00~3:00(予約は14:00最終受付です)

休診 日・火曜日木曜日午後  往診応需

Copyright© 2013 wakasa pmc. All Rights Reserved.


はりきゅう わかさ

リンク はり・きゅう わかさ

開設者 若狭 浩吉

営業時間 火曜日 木曜日 土曜日 16時より

所在地 長岡市東坂之上1-4-6 スカイハイツ4F

案内図 長岡駅より徒歩5分

事前予約制 お越しに丸時は事前にご連絡ください。

0258-39-8919

http://koukichi-wakasa.com/ddd/

スカイハイツ

 東坂之上 スカイハイツ 4F


アート・スペース WA

開設者 若狭 浩吉

営業時間 火曜日 木曜日 土曜日 16時より

所在地 長岡市東坂之上1-4-6 スカイハイツ4F

0258-39-8919


お知らせ

11月23日午前診療いたします

11月23日午前診療いたします

11月3日午前診療いたします。

11月3日午前診療いたします。 わかさ鍼灸院

第14回こらん処よろず相談会のご案内

第14回こらん処よろず相談会のご案内 2021年5月30日10-15時 新潟市秋葉区 ささえ愛よろずクリニック 福島原発事故で被災された方々…


院長ブログ

柿川夜桜閑話 43 霜月柿川紀行

柿川夜桜閑話 43 霜月柿川紀行 11月は、立冬を過ぎるころまで温暖でしたが気温が下がるにつれて晴れ間が見えると想ったら急に時雨れたりとして…

柿川夜桜閑話 42 赤カブ三昧

柿川夜桜閑話 42 赤カブ三昧 初冬の候 ご多忙の折ではありますが、風邪など召されませんようにご自愛くださいませ。 温海カブ いただきもので…

柿川夜桜閑話 41 初冬

柿川夜桜閑話 41 初冬四題 冬浅し 冬に入ったばかりしぐれたかと思えば小春日和もある。   渋柿 初冬の味。晩秋に漬けて硬めに仕上げたそう…

季節の養生 時季の健康アドバイス

秋からはじめる冷え性対策

秋からはじめる冷え性対策 涼しい秋、しかし夏の疲れをほおっておくと…。 猛暑と言われた夏も終り、いよいよ秋本番。 秋になると涼しくなって過ご…

秋の養生

秋の養生 ①   乾燥から身や肺を守る   ②   気分の落ち込みに注意   ③   冬に備えて免疫力を高める    ①   乾燥から身や肺…

排毒療法の決め手 里芋シップ

季節の養生 8 晩秋の養生 4 里芋湿布 長岡の里芋について 現在は大和早生という丸っこいものが中心です。しかし、ここ長岡のノッペの主役の里…

鍼灸師のお仕事

妊娠と鍼灸

  妊娠中に治療の要点 痛みや体の不調はそれだけで母体のストレスとなり同時に胎児のストレスともなります。 これは当然胎児にとっても…

鍼灸師のお仕事 No.6 「生理不順」

鍼灸師のお仕事 6 主訴:生理不順   生理前にイライラ・不眠・落ち込み・急に泣き出す・足腰が冷える。   生理痛も酷く…

鍼灸師のお仕事 14 産後の頭痛 2

鍼灸師のお仕事 14 産後の血暈 2 産後10年前よりめまい頭痛である。 起こり醒めがあるが続いている。頭に輪をかけたように痛む。肩こり。 …


施術の流れ

1)問診表にご記入
差し支えないところまでご記入ください。このときにご自分の体についてもご記入ください。
治療についてのご質問などは遠慮なくお申し出下さい。
どうしても針やお灸が怖い・抵抗がある方はお申し出下さい。

2)お着替え
はり治療の場合は患部の皮膚を出していただく必要があります。
肩や腰への施術の場合、男性の方は迷わず脱いでいただいておりますが、
女性の方はキャミソールやタンクトップ・ジャージなど、
首・肩・背中・膝が出しやすい服装をご用意下さい。

肘や膝から下をお出し頂き、ウエストを緩めたリラックスした状態で施術を始めさせて頂きます。

3)お体についてのチェック
実際にお話を伺い、動きに対してどのような痛みや違和感、ハリがでるのかをお聞きします。

東洋医学では脈診や腹診といった独特の診断方法があります。
両手やお腹を拝見させていただきます。

4)施術
一般的には、仰向けになっていただいてから、うつ伏せになり、全身に施術します。
症状を治療するポイントは、患部以外にも多いからです。

使用する針は、滅菌消毒済みの新品の針です。
針の太さは、0.16ミリ。髪の毛(約0.8ミリ)よりも細いです。

針を刺すときは、全く痛みを感じないことが多いです。
少しチクッとすることもありますが、採血よりは痛くないです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加