おだいじになさいませ                  

近影

おひとりずつていねいに、お話を伺います
心とからだ、両方が本当に元気になるために、
リラックスしていただけるようこころがけております
地域の皆様に支えられて20年余りになります

鍼灸はこんな症状によく効きます

【痛みを伴う病気に】
神経痛・腰痛・頭痛・ひざ痛・五十肩

【原因がよくわからない症状に】
肩こり・生理不順・更年期障害・ストレス性の疲労 産前産後
子宮脱 おりもの 尿失禁 切迫

【病院で治りにくい病気に】
高血圧症・糖尿病・自律神経失調症・慢性の内臓疾患

【そしてうれしい、こんなことにも】
肥満・便秘・不眠症・肌荒れ
婦人病

不妊でお悩みの方、体質を改善し、
でお手伝い。

頭蓋調整

頚椎調整

仙骨調整

お問合せ 0258-39-8919

診療室

待合室 展示

各種保険も取扱いしております
症状によっては不適応の場合もあります。
※各種健康保険、労災保険、自賠責保険(交通事故・後遺症)取扱

まずはご相談下さい


わかさ鍼灸院

長岡市幸町1-1-13

月~金

午前9:00.~午前12:00 午後2:00~7:00 (予約は6:30最終受付です)
木   午前9:00~12:00(午後休診いたします)
土 午前9:00~午午前12:00 午後2:00~5:00(予約は4:00最終受付です)

休診 日・木曜日午後  往診応需

お問合せ 0258-39-8919 わかさ鍼灸院


はりきゅう わかさ

開設者 若狭 浩吉

営業時間 曜日 沐曜日 土曜日 17時より

所在地 長岡市東坂之上1-4-6 スカイハイツ4F

案内図 長岡駅より徒歩5分

完全予約制 事前予約制 お越しに丸時は事前にご連絡ください。

お問い合sせ先 070-3166-8989 はり きゅう わかさ

http://koukichi-wakasa.com/ddd/


お知らせ

10月8日祝日 午前診療

10月8日祝日 午前診療いたします

コメントなし

9月24日 祝 診療します

9月24日 祝 診療します

コメントなし

9月17日 祝 午前診療

9月17日 祝 午前診療いたします

コメントなし

院長ブログ

アーティステックに平和を考える !! 第13回「戦争と平和展」2018.8.9-16

戦争と平和について考えながらアートを楽しむ展覧会を 16日ませ長岡中央図書館で開催中 入場無料 芸術作品ともに戦争と平和を考える第13回「戦…

コメントなし

はり きゅう わかさ 開設

名称 はり きゅう わかさ 開設 2018年7月 開設者 若狭 コウキチ 場所 長岡市東坂之上1-4-3 スカイハイツ4F 営業時間 火曜日…

コメントなし

アート・スペース のご紹介

2018年7月8日より、アート作展示を行う ”アート・スペースwa#が開設いたします。 オーナーの若狭の作品に加え様々な展示をきk企画中です…

コメントなし

季節の養生 時季の健康アドバイス

春の養生

春の養生 古典による養生 素問 四季調神大論 春三月、此謂発陳。天地倶生、万物以栄。夜臥早起、広歩於庭、被髮緩形、以使志(こころざし)生。 …

コメントなし

冬の養生

養生のポイント 1.温性食品を食べる からだを温めてくれる温性の食品を積極的に取りましょう。寒いところでとれるごぼうやニンジンなど根菜類は体…

コメントなし

秋からはじめる冷え性対策

秋からはじめる冷え性対策 涼しい秋、しかし夏の疲れをほおっておくと…。 猛暑と言われた夏も終り、いよいよ秋本番。 秋になると涼しくなって過ご…

コメントなし
鍼灸師のお仕事

慢性胃炎 貧血  生理痛

鍼灸師のお仕事40 35歳 女性。 胃痛を主訴として来院した。腹診すると、腹部に力なく膳部で動悸を触れる。痛みは軽く、圧痛はなく、食欲はある…

コメントなし

インフルエンザの後 腹痛 便秘する

鍼灸師のお仕事35 インフルエンザの後 腹痛 便秘する インフルエンザの後、腹痛して便秘腹が張り時々下剤を使うようになった。 検温して発熱し…

226 comments

iインフルエンザの後目まいしてふら付き吐き気がする。

鍼灸師のお仕事34 インフルに罹患した後体調を崩した 動機して、身体の中心が定まらず気が遠くなり倒れそうになり、目まいし吐き気がする。 問診…

コメントなし

施術の流れ

1)問診表にご記入
差し支えないところまでご記入ください。このときにご自分の体についてもご記入ください。
治療についてのご質問などは遠慮なくお申し出下さい。
どうしても針やお灸が怖い・抵抗がある方はお申し出下さい。

2)お着替え
はり治療の場合は患部の皮膚を出していただく必要があります。
肩や腰への施術の場合、男性の方は迷わず脱いでいただいておりますが、
女性の方はキャミソールやタンクトップ・ジャージなど、
首・肩・背中・膝が出しやすい服装をご用意下さい。

肘や膝から下をお出し頂き、ウエストを緩めたリラックスした状態で施術を始めさせて頂きます。

3)お体についてのチェック
実際にお話を伺い、動きに対してどのような痛みや違和感、ハリがでるのかをお聞きします。

東洋医学では脈診や腹診といった独特の診断方法があります。
両手やお腹を拝見させていただきます。

4)施術
一般的には、仰向けになっていただいてから、うつ伏せになり、全身に施術します。
症状を治療するポイントは、患部以外にも多いからです。

使用する針は、滅菌消毒済みの新品の針です。
針の太さは、0.16ミリ。髪の毛(約0.8ミリ)よりも細いです。

針を刺すときは、全く痛みを感じないことが多いです。
少しチクッとすることもありますが、採血よりは痛くないです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加