季節の養生 4

季節の養生 4

肝 2

肝と食べ物

肝の場合では、肝が要求しているものを過不足なくかつ最小限摂17600295

ることになります。
粗食に過ぎるのも良くありませんし、偏食や飽食もよくありま

せん。
肝で必要なものは、各種ビタミン 無機質 ミネラルなどです。
これらうぃ含む食品が肝の要求するものです。

白米や精白小麦中心の食事から雑穀や胚芽の含まれた食事に

なります。加えて肝には便秘が良くないので食物性繊維の多いも

ので解毒を妨げないようにします。そして質の良いタンパク質を加熱

します。
生きたものを直接摂ります。活しじみは鉄分ではありません。

肝の解毒を助けてくれる生き物です。

以前の事ですが肝病の患者さんですが
冬でした

魚沼産の有機無農薬玄米 1日1合くらいです
有機黒ゴマと岩船産藻塩
しじみと赤味噌あるいは大根干葉の味噌汁
田上の梅干しかよく干して糠と塩とクチナシの沢庵
長岡産で色の濃い緑黄色野菜の副菜
寺泊産の白身魚
佐渡産海藻
太陽に当て直した乾物類

17600260要は地元のものなのです。米以外ほとんど近所のスーパーで揃い

ます。雪国は冬季土を休ませ、そして一気に」芽を吹き育ちます。
その力をいただきます。

ほぼ2日おきに治療をして3週間ほどで黄疸は消え3ヶ月ほど治りました。

ご覧いただきありがとうございます。 新潟県 長岡市  わかさ 鍼灸 整骨院 はり きゅう koukichi-wakasa.com

わかさ鍼灸整骨院ブログ投稿記事一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加