iインフルエンザの後目まいしてふら付き吐き気がする。

鍼灸師のお仕事34

インフルに罹患した後体調を崩した
動機して、身体の中心が定まらず気が遠くなり倒れそうになり、目まいし吐き気がする。

問診
手足引つり冷える
虚腫、
小便不利、
四肢沈重、疼痛
下痢

脈証・腹証
脈証は全体に弱、つまり沈、細・遅

腹証は全体に軟弱だが心下には水滞のための抵抗がある。
治療法
脾虚腎虚寒証である。

治療経穴は太谿を用いる。その他、衝陽、陽池を補う。
腹背部の治療は接触鍼を中心とする

考察
インフルエンザが流行してうるが発熱の程度にかかわらず予後不良の方は意外と多い。本来なら熱が出てすっきりするはずではあるがぬけきれなかったのである。
これは太陽経の陽気が虚して寒が発生し、相対的に少陰経の陰気が旺盛になろうとしている状態である。少陰経の陰気が旺盛になるとは、腎の陽気が虚していると言うことでもある
。 胃中に水が停滞すると同時に表の陽気が虚すと、内外の津液のバランスが崩れるために目眩が起こる。もちろん、陽気が虚しているので立っていられない状態になる。
腎の陽気が虚したために胃の陽気も虚した状態である。この状態は太陽病を誤治しても起こるし、最初から少陰病として発することもある


ご覧いただきありがとうございます。 新潟県 長岡市  わかさ 鍼灸 整骨院 はり きゅう koukichi-wakasa.com

わかさ鍼灸整骨院ブログ投稿記事一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加